© 2019 NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会 東京都品川区西五反田2-31-4 KKビル3F 電話 : 03-5487-0555

母親の 羊水の海の中で育ったことを 私達は  忘れています 空気の音では  育ちません

母親は羊水の響きを胎児の 脊髄の感覚器官、中枢反射神経へ響かせ、 胎児を育てます。空気の音では胎児は育ちません。 お母さんの羊水の響きは、胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます 。羊水の響きは、ドロドロに汚れた血液をきれいにし、脳への血流を良くし、 老化する脳細胞を若返らせます。38℃の体温は、熱に弱いがん細胞に勝つ体質にします。
水の響きに学んだ、映画・テレビ・音楽を 急所脊髄の感覚器官に響かせる ゼロ磁場 音響免疫療法は、心と身体を幸せにし 病を治す西洋医学の薬を超えた自己免疫療法です。

胎児を38℃に温める  羊水の響きは  生きている

自分の声 空気の音では  胎児は育たない

 

胎児期、私達は母親の羊水の中で耳ではなく、脊髄の感覚器官「中枢反射神経」で音を感じていました。生命の急所、脊髄への響きが「感動」と「興奮」を高めるのはこのためです。私達は羊水(海水)の中で胚子の魚の時代、両生類、爬虫類、原子哺乳類、人間へと35億年の生物進化を辿り胎児となります。胎児期、母親の伝える生命のリズムを脊髄で感じて育ちます。呼吸18(海の波の数)、体温36℃、心拍数72、血圧144Hz、288日で赤ちゃんの誕生となります。母親の激しい 生命の危険を伴う脊髄への響きは、生命の危険信号として胎児のDNAに記録されています。私たちは耳ではなく、生命の急所脊髄への響きに感動と興奮を感じるのです。

母親と胎児はお互いに  血液の磁気共鳴で

心を伝えあっています

 

母親は、胎児の体温が低下すると羊水を増やし、子宮内圧を高め、水の波紋の響きの波動エネルギーの摩擦熱を強化、胎児の体温を38℃に温めます。羊水の波紋のエネルギーは、胎児の尿で汚れた羊水を浄化します。胎児を38℃に温め、羊水を浄化する水の波紋の響きと、電子レンジの電磁波の波紋の響きは、同じ仲間です。お母さんは、安全な電子レンジで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。歳を重ね、60歳の細胞の水分は50%に減少、しみ、しわの多い、老化した身体となります。羊水の響きに学んだゼロ磁場 音響免疫療法は、老化した60兆個の細胞を、水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせます。 赤ちゃんは、胎内で母親の目と心を通して、外の景色や喜び、悲しみを感じていました。3歳頃まで記憶しています。超能力、テレパシーの磁気共鳴作用で、母親が感じた悪い感情やストレスを胎児は心に感じ、トラウマとなります。胎児に話しかけ、お腹に手を当てるなどの胎教が大切です。

映画・テレビ・音楽の 脊髄で感じた  

感動の涙は 羊水の 母親の生命の響きです

 

胎児期、私達は 耳ではなく 脊髄の感覚器官で、 母親の生命のリズムを 羊水の中で感じて、成長します。 耳で聴く音は、 言葉・方向・危険・距離を主として感じ 生存のために聞く音です。 感情・感動は 脊髄の感覚器官で感じるのです。 耳で聞くスピーカーの 感動の少ない 空気の伝える人工音は、 心と身体の害になります。 今までの、映画・テレビ・音楽の 耳で聞く、音響システムは間違いです。

映画・テレビ・音楽の  脊髄への  水と共鳴する  

母親が胎児を育てる  倍音の羊水の響きは

心と身体を幸せにし  薬を超えた  

病を治す  最先端の音響テクノロジーです

 

羊水の響きは、胎児を「38℃」に温め、尿で汚れた「羊水を浄化」、「水分80%の細胞」を育てます。 羊水の響きに学んだ ゼロ磁場 音響免疫療法の倍音の響きは、あなたの身体を38℃に温め、ドロドロに汚れた血液を浄化、水分80%の細胞に若返らせ、心と身体を健康に導きます。世界で初めて、映画・テレビ・音楽の倍音の響きを 脊髄に聴かせ、心と身体を幸せにし、病を治す世界で唯一の最先端の技術です。世界の映画・テレビ・音楽のエンターテイメント業界は、心と身体を健康にする響きの研究をしないのが不思議です。電子文明の21世紀、インターネット・スマホ・ゲームの依存症の時代、最も大切な技術は、心と身体を幸せにし、依存症を治すことです。

胎児の尿を浄化する 母親の羊水の響きは

糖尿病・高血圧で  ドロドロに汚れた  

血液を浄化します

 

チベタンボウルの中に水を張り、ワイン、紅茶などの飲み物を入れ、チベタンボウルをバチで鳴らすと、水の波紋の響きで、飲み物がまろやかな深い味になります。鐘の倍音の響きが、血液を浄化するのは当然です。倍音の身体の水分と共鳴する響きは、糖尿病、高血圧でドロドロに汚れた血液を浄化します。血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高めます。母親の羊水の響きは、認知症で劣化した脳細胞、脳血液を若返らせ、認知症の脳を若返らせます。胎児のように38℃に温める響きは、熱に弱いがん細胞を消滅させます。鐘の響きは、耳で聴いても効果がありません。身体共鳴の諸行無常の鐘の響きは、夢の幻想の世界に導きます。

テレビ・音楽の響きで、味がまろやかになり美味しくなります。 味の変化を、お試しください。

子供の頭脳を 飛躍的に高める

磁気療法が! 生体磁石を高める

 

「脳知能」「集中力」「思考力」の磁気を

映画・テレビ・音楽の 倍音の響きは高めます

お母さんは、子供に勉強しなさい、学校に行きなさい

お子様のストレスを考えたことがありますか?

勉強・受験・学校のいじめ・親との関係等、お子様はストレスを感じていました。子供は冷たい飲み物、添加物の入った悪い食生活により、体温が低下、脳血液・脳細胞への血流不足、肝臓の濾過機能の低下、脳血液の磁気不足等で病んでいます。テレビ(映画)・音楽をご自宅で脊髄で楽しむことで、血液を温め、磁力を高め、脳への血流を良くし、脳細胞の磁気を高め、活性化することで記憶力・思考力・集中力を高めることができます。

病は気から 気力を高めると 病は治る  

磁気エネルギーは 気です

『子、怪力、乱神を語らず』神仏の存在や憑依、邪気の真実を語らず。孔子の教えです。 気功師の1000人以上の磁気エネルギーを生むゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法を、中華人民共和国は中華医学の最先端療法に位置付けています。中華医学の気功は、5000年の古い歴史です。中華医学は、気の衰えが病を招くと考えます。邪気や憑依は有害な気、私たちは血液の鉄イオン(強磁性)の磁気エネルギーを『気』と考えます。錆びた血液の磁気を『邪気』と考えます。気功は、磁気エネルギーに、受け手が共に信頼し、気の磁気エネルギーに共鳴し合うことで、2人の間にゼロ磁場が生まれたときに著しい効果が生まれます。気功師が長時間磁気エネルギーを送ることは不可能です。なぜなら生命力を弱めるからです。中国は、孔子の教えに学び『子、怪力、乱神を語らず』気のエネルギーと邪気、憑依現象の研究を怠ってきました。磁石・方位磁石は中国で発明されました。中華人民共和国  衛生部   解放軍総医院301と上海市政府文化局、上海市永楽股份有限公司と共同で、量子力学(物理学)の羊水の波紋のエンターテイメント響きで病を治す中華医学  究極の自己免疫療法に取り組んでいます。

本当の愛は  お互いの磁気が 磁気共鳴・テレパシーで愛を感じるのです 言葉ではなく 磁気が共鳴し愛し合うのです

気の磁気エネルギーとテレパシーを磁気共鳴で感じる女性は、相手に若く見える、温まる、気持ちがいいなど良い印象を与えます。気のエネルギーは高いところから低いところに流れます。気のエネルギーの共鳴による、「気」「許す」「愛」「肌が合う」「合わない」は確かにあります。「愛」はお互いの持つ生体磁石の磁気が共鳴し、心に愛を感じ伝え合います。本当の愛は、心の磁気エネルギーが共鳴し合うことです。低体温で気のエネルギーの弱い病弱な人は、相手に気持ちが悪い、ゾッとする、老けて見える、気のエネルギーを取られるなど、相手の心と体に悪い印象を与えてしまいます。悪意に満ちた言葉と、悪意の潜んだ磁気エネルギーの邪気は、気力のないエネルギーの弱い相手の心と身体につけ込み、磁気共鳴で憑依し、心と身体をマインドコントロール。相手の心を惑わします。心の優しい精神科医も精神疾患の患者に、心と魂を憑依され病んでしまいます。中国の気功師も、患者からの憑依現象で気力と磁気を奪われ、死を早めます。

愛は  お互いに持つ  生体磁石の磁気エネルギーが  磁気共鳴     テレパシーで   心に愛を感じるのです   言葉だけの  愛に騙されるな   心の磁気の共鳴が愛です

「気」磁気エネルギーを高め  戦う 空手・太極拳・合気道 は

急所脊髄を打ち   気絶させます

 

「テレパシー」「虫の知らせ」「母と子の絆」「予知」「マインドコントロール」は 生体磁石の磁気エネルギーがお互いに共鳴  心を伝え合います

宇宙、地球、人間は磁気に満ちています。太古の地球は酸化鉄の塩の海です。海で誕生した細胞は鉄呼吸をしていました。現在の酸素呼吸する細胞へ進化しました。人間の血液は強磁性鉄イオンを含みます。血を舐めると鉄の匂いと味がします。古代の人間はお互いに持つ生体磁石の磁気作用で共鳴し、お互いに心を伝え合っていました。以心伝心、双子や母と子の絆、虫の知らせは、お互いに持つ血液の磁気と遺伝子が共鳴し双子や親と子で伝え合うのです。MRI(磁気共鳴画像法)で測定実験、互いの間に磁気共鳴の脳活動のゆらぎ現象を確認しました。アメリカ人の50%は超能力、心霊現象による心理的な現象を信じています。アメリカ人の30%はテレパシーの経験と存在を信じています。(1998年)超能力を感じる人を「羊」、信じない人を「山羊」と呼びます。現代人はテレパシーの本能を忘れた、気力と磁気の無い人間になっています。磁気エネルギーを感じる人は素晴らしい人が多いのです。